再婚したいと思いだしたけど、出会いがない

私の婚活体験記
私、武井(仮名)29歳♂は数々の婚活活動してきました。その中で最終行きついた最強の婚活活動とは、ズバリ社内婚活です。
私は、この活動をいかに成功させるかを考えて、実行した結果、結婚という2文字をゲットするに至りました。その内容とそこま
でに至る過程(婚活パーティと婚活サイトなどの経験)を報告致します。

まず、私は30歳になる前に結婚したいという思いが強くなり、漠然と何か行動をおこさなければと、手始めに婚活パーティーから
着手。関西出身ということもあり、大阪梅田で開催される某大手婚活パーティーに10回程参加します。やはり多くの人に1度に会え
るのが大きなメリットだなと感じる一方、異性としゃべるのが苦手な私は、イベントに参加するものの、なかなか、女性に対してア
クションを出せないでいました。

そこで、次に考えたのが婚活サイトです。婚活パーティーで異性に対しての積極性がないことをまじまじと感じた私は、まずはお互い
のことを知った上で、会う方法がいいのではと思います。某大手婚活サイトに登録して(大手はネーミングだけでも安心感あります)
早速、気になった方にメッセージを送信します。そして、意気投合した人と実際に会ってみるを繰り返すのですが、ここで新たな問題
が。メッセージを送っても実際に会えるまでが長い、とにかく長いんです。ようやく会えたと思ったら婚活サイトに登録してから、2ヶ
月後だったりなんでざらでした。また実際会ってみると、文章で意思疎通してた時と何か変な違和感もあり、結局非効率だと思い脱退し
ました。

婚活=婚活パーティーと婚活サイトで成果を出せない私は焦っていました。そこで社内の同期松山君(仮名)に相談します。松山君は
既に彼女持ちで、その彼女は社内にいるということは社内でも周知の事実でした。その松山君から「婚活=社内婚活だよ」と何か説得
力のある言葉が。話を聞いてみると会社員にとって人生の大半を過ごす職場で、仕事の達成感や辛さを共有できるからこそ、その職場
の仲間から恋愛に発展させることが出来れば、仕事も楽しくなるし一石二鳥だよとのこと。言っていることはわかるが、「そんなうま
いこと行くかな~」と、さらに松山君の話は続きます。「アドバイスとしては、仕事を一生懸命して、責任あるポジションにいること」
又、新入社員など、こちら側が仕事を教える立場だと教えられる側は色眼鏡で、二枚目じゃなくても格好良く見えるらしい。
そこから、私一生懸命仕事頑張ります(笑)。上の、アドバイスを実行すると、あれよあれよと上手いこと行きます。仕事も好成績を
残し、運命の人に会えてと、まさに一石二鳥でした。

今回、婚活パーティー、婚活サイト、社内婚活と3つのことを行いました。私はたまたま社内婚活で実績を上げましたが、他の2つにも
もちろんメリットもあります。まだ婚活に対して具体的な行動を出せていない方、レッツ婚活!

私は今25歳の女性で、5歳の娘と旦那と3人暮らしをしています。今回の婚活パーティーについての話は、今の旦那とゴールインを決めるキッカケをくれたお話になります。
パーティーパーティーの口コミは?

今から約6年前、私は男友達も居なければ付き合っている男性も居ませんでした。

容姿的には物凄く童顔で周囲からは大変可愛いだのスタイルもいいだの、ちやほや持て囃されていましたが中々彼氏は出来ませんでした。勿論何人かの男性が積極的に私に話しかけてくれたりもしましたが、私は中学生の時、とある男子から物凄く酷い事を言われたり、からかわれたりして男性恐怖症になってしまい、それからというもの全ての男性が怖くて恋愛どころではありませんでした。

そんな私を見兼ねた友人が連れて行った場所が名古屋で開催されていた婚活パーティーでした。合コンもした事なければ出会いもない恋愛素人の私がこの場所に来たのは奇跡に近い事でした。婚活パーティーという名前通り、参加している男女の方は結婚を全体に付き合える相棒を探す気満々の気合で挑んでいました。

今回参加したパティーでは、決められた席に女3人男3人で向かい合わせになり、出された豪華絢爛な食事を優雅に取りながら談笑したりして華を咲かしたり、主催者側の出したミニゲームで遊んで絆を作ったりという物でした。勿論私は男性恐怖症でしたので、ずっと地面を見つめていましたが、そんな私に優しく声を掛けてくれたのが今生涯を共にしている旦那でした。他の参加男性は気味悪がって私に話しかけてくれませんでしたが、彼は私を二人きりになれる場所に呼んでくれて、飲み物を渡してくれ、色々気遣ってくれました。

そして時間の許す限り彼と腹を割って話していくと非常に意気投合、そして彼の優しい性格に惚れて、交際する事になったのです。この時、私は婚活パーティーに参加して本当に良かったと思いました。その理由は運命の人に出会えたから、ここに参加したからこそ彼との縁が生まれたのですから。